岩手医科大学医学部

形成外科学講座

Department of Plastic, Aesthetic & Reconstructive Surgery

Iwate Medical University, School of Medicine

2017

 
 

 従来の医療は救命(延命)、除痛、失われた機能の回復が大きな目的でありました。近 年、医療の目的にBetter Quality of Life(生きることの質の向上)が加わり、医療の果たすべき役割は大きく変化しました。主に外表形態の改善を目指す形成外科も、このBetter Quality of Lifeを目指し、比較的新しく標榜されるようになった診療部門です。
 岩手医大形成外科では、機能も含めた身体外表の問題を幅広く治療しています。例えば軽度の外傷による傷跡の修正や黒子などの切除、美容のための小手術、顔面・手足などの外傷、組織移植による腫瘍切除後の再建手術、頭蓋・顎顔面部や胸・腹壁、手足などの先天異常など、大きい手術から微細な手術まで様々な疾患の治療に取り組んでいます。治療法も定型的なものから個々の患者さんの状態に合わせたものまで、様々な手術法を提供しています。患者さんの状態に最適で優しく、高度の医療提供までもをモットーに診療・研究に取り組んでいます。

形成外科学講座教授 柏克彦

 

ようこそ 岩手医科大学医学部 形成外科学講座へ

020-8505 岩手県盛岡市内丸19-1

Tel; 019-651-5111 内線2364

Fax; 019-651-8402


問い合わせ; 医局長 木村裕明

higehige07301021@gmail.com

What’s New 2017/5/1

4月1日付けで、4人の新スタッフが赴任されました。それに関連し、診療案内・Staff紹介・Photoの一部を更新しました。